札幌市立白石中学校 クラスで学級委員が前に立ってクラス生

札幌市立白石中学校 クラスで学級委員が前に立ってクラス生。私はS50年生まれですので、これに回答する資格があると思います。昭和53年生まれですが、この時代の 小学生中学生の頃、クラスに男女一人ずつ学級委員がいて、定期的に全クラスの学級委員の集まりもありました それを学級会と言いました クラスで学級委員が前に立って、クラス生徒40人の意見を聞いて黒板に書いて、まとめながら良い意見、皆が納得する意見になるまで話し合いました 朝礼で全校生徒1000人以上をまとめ、報告する委員も一人いました 私は学級委員ではなかったけど、やっぱり今の社会に昭和50年生まれの人は必須ではありませんか 札幌市立白石中学校。来年度の宿泊学習の大綱が知らされ。生活の決まりについて。質問?意見?要望
などが出されていました。また。同じテーマで文化委員が作ったものも。天井
装飾として飾られます。1?2年生は卒業式に参加することはできないので。
いつものように。みなさんも一緒に校門に立ってあいさつをしてもらうことは
できないけれど。生徒会役員が挨拶を各クラスの前に。かわいらしい
クリスマストリーが飾られ。クラスみんなで力を合わせてできると。シールが
増えていきます。

私はS50年生まれですので、これに回答する資格があると思います。人材の良し悪しを判断する場合、年代は関係ありません。その組織、その時代、あるいは文化に適応できる実力があるかどうかが唯一無二の価値です。そもそも学校教育を持ち出すのには失笑しかありません。将来的にほとんどの子供が競争社会に巣立つというのに、競争社会を経験していない人間が、はたして教師として適任なのでしょうか?そんな教師が作った学級委員などという議会ゴッコがいったい何の役に立つのでしょうか?現代ビジネスに求められる論理的思考?プレゼン?ディベートなど、いったい義務教育のどこに出てくるのでしょうか?したがって、自努力ができる人間は生き残り、できない落ちこぼれは淘汰されるのは、いつの時代も同じで、今後も続く、というだけでしょう。別に昭和50年生まれでなくても、大勢の意見をまとめ報告が出来る能力を持つ人は多数いるでしょう。逆に、昭和50年生まれでも指示されなければ動けない「指示待ち人間」だって沢山いると思います。ですから、一部の例を以て昭和50年生まれだから優れているなどとは言えないでしょう。当たり前の話ですよ。※その様な主張は他の年代の人に失礼です。礼を欠いています企業は自分の所で必要な人を採用するのですから、どの様な人を採用するかはその企業が判断すれば良い事です。そもそも、昭和50年生まれで優れた人なら、既に良い職に就いているでしょう。逆に、昭和50年生まれで良い職に就いていないなら、それが世間一般企業側の評価と考える人が多いのではありませんか。

  • ジャニーズ ジャニーズJrチャンネルの編集ってメンバーて
  • 2018年8月 ストッキングライン入ったりて2色以上のの
  • 24時間テレビ 速報24時間テレビのマラソンランナー3人
  • シートカバー 氏クリスマスプレゼント渡たいの氏運動部で色
  • 彼氏に会いたくない 会いたい言われて会いたくない会えない
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です